アフターサービスforGMテック2

今日は。JOBDII.JPのりかでございます。今日ではGM テック2診断機のアフターサービスを説明します。

Q1: GM テック2を購入しましたが、そのTIS2000ソフトウェアがインストール/識別されない、それがどういうことでしょうか?

A1: もしインストールされたいTIS2000がGM テック2ソフトウェアに含まれた場合、TIS2000ソフトウェアをインストールされなくてもいいです。電子制御ユニットをプログラムために、GMテック2を追加のTIS2000を購入する事を勧めます。

 

Q2: GM テック2を届いたが、エラーがありました。

A2: もしブルースクリンの場合に、ブルースクリンチップを交換してください。ブルースクリン出ない場合、どこに問題があるかをチェックするためにself-testリポートをこちらに返送してください。self testがどのように操作するかをわからないと、self-testマニュアル—GM テック2「technical support / service」を参考してください。

 

Q3: GM テック2の一つのボタンが動作できずに、どのように修理しますか?

A3: 新バーションのGM テック2にふっつの方法を解決可能で:

1) こちらが新しいボタンを返送し、それで切り替えてください。

2) こちらに修理に返送してください。古いバーションのGM テック2に新しいソフトウェアをインストールされると、そのボタンが作動できないかもしれません。

 

Q4: 二回目でGM テック2を使った時、このツールがスモークし始め、車の電圧が14Vから12Vに変更し、それがどういうことでしょか?

A4: 正しい操作手順に従ってください: 診断する前に、イグニッションをオンに回し、GM テック2を車と接続し、車を起動する前にその電圧を計ってください。このプロセスに車電圧が24Vにも上がるかもしれませんよ。

GM テック2診断機のアフターサービスの説明です。何かご質問があれば、お気軽にJOBD2の担当者と連絡してください。
E-Mail:sales@jobdii.jp
LINE: jobd2
Skype:JOBDII.jp
Yahoo:obd2jp@yahoo.com